イソフラボンを摂取する場合、どのような食品を食べればいいのでしょうか? イソフラボンが多く含まれている食品は、納豆や豆乳、豆腐、みそ、きな粉、醤油といった大豆製品です。 大豆製品の中にはイソフラボンが豊富に含まれているので、普段の食事に取り入れてみてください。 一昔前であれば、大豆製品を食べる機会が多かったものですが、現代では欧米寄りの食事に変わってしまっているため、意識しないと食べることができません。 また、同じものをずっと食べ続けるのは非常に難しいので、イソフラボンを摂取する場合は何かしらの工夫をされた方が良いでしょう。 例えば、毎日納豆だけだと飽きてくるので、たまには豆乳やきな粉で摂取したり、味噌汁の中に豆腐や油揚げを入れるというのも効果的です。 それに、なかなか普段の食事でイソフラボンを摂取できないという場合は、サプリメントで補うという方法もあります。 サプリメントであれば、飲むだけで摂取することができるため、とても便利ですね。 ただ、あくまでもサプリメントは食事で摂れない栄養素を補うためのものなので、これだけに頼ってしまうのは良くありません。